2005年06月25日

ウルトラマンネクサス最終回

早すぎる「マックス」の告知に追い立てられるかのように
「ネクサス」が最終回を迎えてしまいました。

おそらく
「怪獣も全滅してねぇまんま終わりかよ!中途半端やなー」
などと思われてる人が大多数だと思われますが、
この物語をそれだけで片付けてしまっては
ハッキリ言ってもったいないですよ!
「ネクサス」というTVシリーズは、あくまで
一連のサーガの一部なんですよ!


●幼児雑誌のグラビア連載「ウルトラマン ノア」   
●映画「ULTRAMAN」 
●TV「ウルトラマン ネクサス」

↑以上3つの物語が、今日、この最終回を見ることでひとつに結実し、
パズルのピースが一気につながるかのごとき実に爽快な最終回になるワケですよ!
謎は全て解けた!みたいなw。

そう!まさに これこそが
ULTRA N PROJECTだったんですよ!
やられたね!スッカリ忘れてたよ!1年以上かけて張られていた伏線に脱帽ですよ!

いやいや!まだ最後に 冬の映画続編「ULTRAMAN 2」(仮題)
という大きなピースが残ってますよ!
物語はまだ終わってはいないんですよ!あぁぁ楽しみだ!
ところで
今日の最終回のラストで、コモン君に「あきらめるな!」と
言われたあの少年ですが、実は彼が次のデュミナストではないかと
密かに感ぐってみたりしてんですがどぅでしょぉ?
あぁぁ楽しみだ!
posted by かかい at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウルトラマンネクサス
話はひじょーーーにしっかり出来ていると思います。
おそらく最初の時点で最後の結論まで考えていたのでしょう。そのくらい良く出来ています。
けど、この作品を観る大半は子供なのだというのを忘れているのではないのでしょうか?。
DVD1枚目を借りて観ましたが、難しいですよ、内容が。
ヲレでさえ内容が理解しにくいのに、何人の子供があのキャストのセリフだけで、ダーク何たらだのいった横文字を理解してたでしょうか?。
最近DVDでウルトラマン、セブン、新マン(ジャック)を観ましたが、やはりウルトラマンはシンプルイズベストで行って欲しいです。
ウルトラマンマックスの初回を観ました、かなり初代に近いシンプルな内容で期待できそうですね。
Posted by ギガ at 2005年07月04日 02:00
昨今の やたらクオリティの高い商品や、いわゆるイケメンの若手俳優の起用などをみるにつけ、いまどきの「特撮」はもはや子供だけを相手にしているわけではないと感じますな。
我々が子供のころとは時代が変わって、子供のスポンサーでしかなかった大人が今や、自分のためのオモチャを買いあさってても別段珍しい光景でもなく、ある意味市民権を得た気がします。いい時代だ(笑)。
実際、子供向け商品よりオトナ向け商品のほうが売れるケースもあるようで、企業としては考えどころでしょう。
てなワケで、大人にはストーリーを、子供にはウルトラマン同士の対決をてなコンセプトかどーかは知りませんが、正直ネクサスは興行的にはイマイチだったようで残念です。謎を含んだセリフ回しや、コモンのゆっくり成長していく様とか続けて観てるといい話なんですが、人によっては逆にそれが「分かりづらい」とか「話がタルい」とかになるワケですな。難しいね。
しかしまぁ個人的に感じたのは、一番の見せ場である取っ組み合いが
「いつも同じ場所」で
「いつも気持ち悪い怪獣」と
「いつも悪ウルトラマン」と
という展開やったのがチョとマンネリ感を生んだのではなかろーかと。予算の都合ってぇのは分かるんやけどねw。

とりあえず 「N project」完結編?の映画第2弾と
「原点復帰」を宣言しているマックスに期待!

最後になりましたが超遅レスですいません。
Posted by かかい at 2005年07月07日 06:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ウルトラマンネクサス
Excerpt: ウルトラマンネクサスウルトラマンネクサスは、円谷プロダクションが製作し、2004年10月2日から2005年6月25日まで中部日本放送|CBC・東京放送|TBS系列で放送した巨大変身ヒーロー特撮シリーズ..
Weblog: SF映画の館
Tracked: 2005-08-15 17:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。